「数学問題」の記事一覧

平成27年入校 広島県立技術短期大学校 試験問題7 解答

平成27年度入校生[技術短期短期] 広島 数学問題

平成27年入校 広島県立技術短期大学校 試験問題(筆記試験)の問7の解答です。余弦定理、三角関数の知識が問われる問題です。余弦定理、三角関数に入れておかなければ解けません。他府県の職業訓練の選考試験問題では出題されないくらいのレベルの高さですね。

平成27年入校 広島県立技術短期大学校 試験問題6 解答

平成27年度入校生[技術短期短期] 広島 数学問題

平成27年入校 広島県立技術短期大学校 試験問題の問6の解答です。三角比、三角比の相互関係、三角関数の知識が問われる問題です。三角関数の基本的な値は頭に入れておかなければ解けません。他府県の職業訓練の選考試験問題では出題されないくらいのレベルの高さですね。

平成27年入校 広島県立技術短期大学校 試験問題5 解答

平成27年度入校生[技術短期短期] 広島 数学問題

平成27年入校 広島県立技術短期大学校 試験問題の問5の解答です。2次関数の知識が必要な問題です。他府県の職業訓練の選考試験問題では出題されることがないくらい高レベル。2次関数の最大値と最小値を求める問題も出題されており、職業能力開発短期大学校というだけあり、他府県の問題よりもレベルが高いです。

平成27年入校 広島県立技術短期大学校 試験問題3 解答

平成27年度入校生[技術短期短期] 広島 数学問題

平成27年入校 広島県立技術短期大学校 試験問題の解答です。因数分解を求められる試験問題が出題される可能性が高いです。『たすき掛け』はできるようにしておきましょう。また、たすき掛けを使っても因数分解できない問題も出題されています。因数分解できない場合は、『解の公式』を利用しなければなりません。

平成27年入校 広島県立技術短期大学校 試験問題2 解答

平成27年度入校生[技術短期短期] 広島 数学問題

平成27年度入校生用の広島で行われた職業訓練の試験問題と解説です。これらの過去問は繰り返し実施し確実に解けるようにしておきましょう。特に広島の職業訓練の選考試験問題は筆記試験なのであらかじめやっておくのと、やらないのでは大きな差がでてしまいます。

平成27年入校 広島県立技術短期大学校 試験問題1 解答

平成27年度入校生[技術短期短期] 広島 数学問題

平成27年度入校生用の広島県立技術短期大学校の試験問題と解答です。職業訓練校の試験問題ですね。試験問題は筆記試験です。解答と解説を記載しているので、これから選考試験を受ける予定の方は、これらの過去問を繰り返し実施し、問題を解けるようにしておきましょう。

ページの先頭へ