埼玉 職業訓練 試験問題[短期] 数学-問3(平成23年入校生)

(3)1個50円の値段で売ると、1日200個売れる商品があります。この商品の値段を1円下げるごとに、売り上げ個数が8個ずつ増えます。このとき次の問に答えなさい。

[問題1] この商品の値段を5円値下げすると、この商品の1日の売り上げ金額を求めなさい。

[問題2] この商品の1日の売り上げ金額を11,200円になるようにするには、何円値下げしたらよいか。値下げする金額を2つ求めなさい。

【重要】公に公開されている企業情報はわずか10~20%程度。登録することで残り80~90%の非公開求人が見れるので、転職を考えている場合は、早めに登録だけでもしておきましょう。特に情報量が多いDODAはお勧めです。


解答と解説

試験問題1の解答:10,800円
1個50円の商品を5円値下げるので、1個当たりの値段は次の通り。
 50円-5円=45円

1日200個売れる商品の値段を1円値下げると売れる個数が8個増えるので、5円値下げた場合に売れる個数は次の通り。
 200個+(5円×8個)=240個

よって、1日の売り上げ金額は次の通り。
 45円×240個=10,800円

試験問題2の解答:10円と15円
求める値下げ金額をN円とし、問題1と同じように解いていきます。

1個50円の商品をN円値下げるので、1個当たりの値段は次の通り。
 50円-N円=50-N

1日200個売れる商品の値段を1円値下げると売れる個数が8個増えるので、N円値下げた場合に売れる個数は次の通り。
 200個+(N円×8個)=200+8N

更に、1日の売り上げ金額が11,200円にしたいので次の式が成り立ちます。
 (50-N)円 × (200+8N)個=11,200円

この式を解けば、求めたい値下げ金額Nが求まります。
 (50-N)円 × (200+8N)個=11,200円
 (50-N) × (200+8N)=11200
 10000+400N-200N-8N²=11200
 8N²-200N+1200=0
 N²-25N+150=0
 (N-15)(N-10)=0

よって、N=10、15


コメントを残す

*

このページの先頭へ