職業訓練試験問題 詳細解説追加しました!

希望する職業訓練に合格するための方法

職業訓練には様々な種類があり、人気度もそれぞれで異なります。

そして、実施されている職業訓練の種類や訓練機関の数は各都道府県によってもまちまちです。よって、実施されている訓練機関が少なく、人気も高い職業訓練が最も倍率が高くなります。実際に落ちた方も少なくありません。しかし、雇用保険の残受給期間が一定以上残っていないと受験することができない公共職業訓練の場合、何度も受けなおしたりすることは難しい。

そこで、本サイトでは競争率の高い職業訓練校であっても、一発で合格するためのポイントをまとめています。合否は基本的には試験問題と面接の結果から総合的に判断されます。これから、職業訓練を受けようと考えている方は是非、下記2点のリンク先を熟読してください。きっと合格することができます。

重要ポイント

 (1)筆記試験
 SPIよりもやや簡単な問題が出題されます。
 (2)面接
 志望動機や、就活状況、就職に対する意欲を主に見られます。

職業訓練の事前説明会

職業訓練の多くは、事前説明会が行われます。各ハローワークでは、この事前説明会に参加しなければ、『受講申し込み書』を書いてくれない場合もあります。

ただ、事前説明会の参加が必須でなくても必ず出席するようにはしましょう。職業訓練の講義内容の説明だけではなく、選考のポイントなども離される場合があります。また、この説明会の参加人数からおおよその倍率も想定することができます。

そして、必ず説明会の最後には質疑応答があります。説明会の内容をしっかり聞き少なくても1つは質問できるようにしましょう。説明会を実施される方は、面接官になることが多いです。効果があるかは無いかと言えば無い可能性の方が高いですが、ここで受講意欲を見せ、顔を覚えておいてもらうことは合否のプラス材料になってもマイナス材料になることはありません。

職業訓練の志望動機

職業訓練で真剣に技術を習得し、就職活動に活かしたいという方もいれば、残念ながら失業保険の給付期間を延長することを目的として受けられる方もいます。職業訓練校やハローワークも当然、その点は想定し、見抜く努力はしているようですが、本人が暴露でもしない限り本人の言う事を信用せざるを得ないというのが現実です。

真剣に技術を習得し、就職活動に活かしたいという方に合格して欲しい所ですが、そうでない人もここぞとばかりに準備をしてきます。負けないように頑張って事前準備を行っていきましょう。

職業訓練の定員割れ

職業訓練の定員数は20名~30名といったところが多い。しかし、これらの定員割れを起こすことがある。単純に応募する受講生が少ない場合もあれば、応募する人数が多くても最終的に定員割れを起こす場合がある。

職業訓練校は国から助成金をもらって運営しており、更に受講修了者の就職率に応じて奨励金をもらっている。そのため、応募者が就職率を落とすような人物だと判断された場合は、定員割れを起こしてでも入校させないのだ。よって、単純に倍率が低い職業訓練だからといって安心してはいけない。

就職・転職を成功させるために絶対にやっておくべきこと

希望の職業訓練校に入校できたからといって、必ずしも希望の職業につけるという保証はありません。しかし、少しの『工夫』と『手間』で、その希望の職業につける可能性を飛躍的に高めることができます。

多くの方はこれを実施せずに、なんとなく合格した会社に入社し、自分に合わない、賃金が低いといった理由で、また転職を繰り返しをしてしまいます。そうならずに希望の職種で高給取りになれるように、下記のページは必ず一読して実線するようにしてください。自分の頑張り次第で必ずなることができます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ