大阪 職業訓練 試験問題 数学-問3(平成26年9月3日実施2)

職業訓練試験問題ある針金について、長さと重さの関係を調べると、右の表のようになりました。このとき、次の問の答えとして正しいものをア~オの中から1つ選び、記号で答えなさい。

[問題1]針金5.6mの重さは何gですか?

[解答群]
 112g
 578g
 336g
 224g
 368g

[問題2]針金Xmの重さをyグラムとして、Xとyの関係を式に表しなさい。

[解答群]
 y=2x
 y=20x
 y=40x
 y=60x
 y=80x

【重要】公に公開されている企業情報はわずか10~20%程度。登録することで残り80~90%の非公開求人が見れるので、転職を考えている場合は、早めに登録だけでもしておきましょう。特に情報量が多いDODAはお勧めです。


解答と解説

問題1の解説:
表より、針金1mの重さは、40g。よって、針金5.6mの重さは次の式で求まる。

 40gx5.6m=224g

よって、解答は224gのエとなる。

解答:エ

問題2の解説:
表の長さと重さの関係を見ればすぐに答えは分かる。長さを40倍した値が重さになっている。よって、針金の長さがx、重さがyとした場合、長さxを40倍した値が重さyになるので次の式が成り立ちます。

 y=40x

よって、求める解答は、y=40xのウとなる。

解答:ウ

※解説内容に不明な点があればコメント欄にコメントください。


コメントを残す

*

このページの先頭へ